結 はりきゅう 整骨院

お知らせ

[2018.08.25]
IASTM

こんにちは。

今回は当院での施術で使用するツールについてご説明します。

IASTMとは、Instrument Assisted Soft Tissue Mobilizationの略で、器具を使用し、柔らかい組織(軟部組織)に対してアプローチをかける際に特化しております。

中国でカッサ(GUA SHA)が元のルーツと考えられていて、日本に流通しているものでメジャーなものは、

SMART Tools(スマートツール)

MORACT TECHNIQUE

Hawk Grips(フォークグリップ)

Graston Technique (グラストン)

Tecnica Gavilan(テクニカ・ガビラン)

などがあります。

よく耳にする、筋膜リリース(筋膜剥がし)もその一つになります。

そもそも筋膜リリースってご存知ですか?

むしろ筋膜ってなんでしょうか?

筋膜っていうのは、生の鳥肉に薄い膜が張ってますよね。あの膜こそ筋膜と言われるやつです。

あの膜はタンパク質、コラーゲンでできていて、身体をネットの様に包んでいて、伸び縮みしています。

そのネットが絡んでいて、うまく伸び縮みしないと、筋肉もうまく伸び縮みしないので、そのネットを壊して再構築しよう。もしくは絡みをほどいて、伸び縮みする様にしようとしているのが筋膜リリースです。

IASTMという言葉よりも筋膜リリースという言葉の方が先行して広まってしまっていますが、手法は様々になっております。

そもそもIASTMの適応は軟部組織になります。筋膜は軟部組織の一つになりますので、IASTM=筋膜リリースという考え方は少し解釈が変わってくるそうです。

当院では運動器疾患に対してよく使用します。施術直後の可動域の改善や疼痛(痛み)の減弱が期待でき、早期治癒に向けてもかなりの効果を発揮いたします。

適応疾患としては、頚部ムチウチ、肩コリ、寝違え、肩関節周囲炎(五十肩、四十肩)、外側上顆炎(テニス肘)、腰痛、ギックリ腰、肉離れ、オスグット及び、ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)、ランナー膝(腸脛靭帯炎)、シンスプリント、足底腱膜炎、瘢痕組織になど対応可能となっております。

結はりきゅう整骨院では、IASTMのツールとしてアメリカFDA承認で医療グレード304ステンレス鋼の使用して作られている、

SMART Tools(スマートツール)を採用しております。

また、施術者も認定を受けている者になりますのでご安心下さい。

153-0053 東京都目黒区五本木3丁目30 矢代ビル Google Map
MAILgakudai@yui-harikyu.com
診療時間※時間外予約承ります。 ※祝日は休診日になります。
水曜・土曜の午後は予約のみ △日曜は予約のみ
診療内容※交通事故・各種保険取扱い
骨折・脱臼・打撲・捻挫・関節の症状・筋肉の症状・身体の歪み・内科疾患
・美容鍼灸・ボディメイク等